FC2ブログ
榛名無名雑感
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第86号  激痛の中で
   歌舞伎俳優の片岡仁左衛門が、公演中、また千秋楽を迎えてから後に襲った過酷な闘病の様子を、先日、新聞で読みました。

   その闘病の中で、彼は次のようなことを言っているのが、私の胸に深く突き刺さりました。

   …病の激痛に襲われながら、自分はなぜこんなに苦しまなければならないのか。」と 闘っていました。 そこで、痛み、苦しみによって、  これまで知らず知らずに犯していた罪が洗い流され、 魂が昇華されるのだと発想を転換してみることにしました。 
  痛み、苦しみと闘うのではなく、 自分が今置かれている状況に感謝するよう努力しました。 容易ではなかったですが、 そのことにより、 だんだんと痛みが苦ではなくなってきました・・・

 

 闘病を経てのこの境地。  とても自分自身に当てはめることは容易ではなさそうです。


スポンサーサイト
第85号  新生会に温泉あり
私は低血圧で、貧血気味、冷え症 …すべての私の病はこのあたりが原因のようです。

そこで、都合の良いことに、ウエルカムセンターには温泉があります。

折角の温泉ですから、私は、足湯、腰湯として、午前午後に1回ずつ湯につかっています。

基本的に毎日、PCでエッセイを書くことを自分に課しているのですが、PCにはあまり長く向かわないことにしています。体を動かすことの方が、特に自立型老人ホームには大切だからです。PCで文を創る合間に、私は、ストレッチをやったり、軽体操をしたりして、そして温泉に行きます。一人で軽く足を湯の中でマッサージをしながら、至福の時を過ごしています。


マッサージをしていると、足が軽くなるのがよくわかります。


それが私の生活の基本形です。新生会はよいところです。




第84号  体を動かすこと


 穏和の園にお住まいのUさんは80歳を越えてもなお、毎日新生会周辺を歩いておられます。 スポーツウエアーに着替えて、午前と午後1回ずつ、散策の1時間、気分よさそうに歩いておられます。


  先日、そのUさんに私が散歩と出くわした時、私にこのようなことを言ってくださいました。


「持病や、小さな病のことは考えずに、とにかく体を動かすことですよ!」「私は週3回ジムに通い、後の日は歩いています。80歳を越えても筋肉はつくものですよ」


   私は大きなことを教えていただいた気がしました。実行あるのみ。


・・・しかし決意をした今日に限って小雨の降る梅雨寒。外に出る足を止められてしまいました。


  そんな日は「館内散歩」…梅香ハイツの廊下を歩きまわることにしました。



   少しでも時間があれば、部屋に閉じこまらずに 「体を動かすこと」…私の毎日の、決意です。




  第83号 丹羽さんが亡くなりました
丹羽さんが 亡くなりました。


丹羽さんは 12年間マリヤ館に入居され、 個性的に豊かに活躍をされた方です。
「何か、人のためになる活動をしたい」一念から、 自ら、コーヒー喫茶を開き、 大勢の人と交わりを持たれました。


また中学の英語の教師をしていた関係で、 部屋には、 大勢の教え子が訪れていました。


その丹羽さんが 病気になり 「死ぬときは苦しくなく息を引き取れないものか」 というような弱気な発言も出てくるようになってきました。


ある日、 丹羽さんがこういうことを言いました。 「天国には、たくさんの部屋が用意されている。おいらも、その一部屋に引っ越したい」


丹羽さんから、「天国」を解き明かしてくれたのです。


その丹羽さんは 車椅子に乗ったまま、 最後の一呼吸をする力もなく、 息を引き取りました。


見事な人生、 見事な死の壁越えでした。


葬儀の折、私は、「丹羽さん、天国はどうですか」と 叫んでいました。
 

この世の人生を 見事に生き抜き、 天国までモノにした丹羽さんを、 私はうらやましく思っています



Copyright © 2018 榛名無名雑感. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。