榛名無名雑感
第97号   何かしなければと思いすぎるな
「今の人はみんな、何かしなければと思いすぎる」・・・この言葉は河合隼雄の言葉です。

仕事をリタイアし、老人施設に入っている者にとって、何か考えさせられる言葉です。
この施設の中で、本当にやりがいを持って充実している人がどれだけいるでしょうか。
みなさん、個々人に応じて、日々の生活設計には、苦心していることでしょう。

そういう時に、「何かしなければ」と思いすぎるな、というのです。

新しい風が自分に吹いてくることを信じて、思いすぎずに、やってみるのも、一つの手だなと思いました。

この言葉を、私は「癒し」の言葉と感じたのでした。




スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 榛名無名雑感. all rights reserved.