FC2ブログ
榛名無名雑感
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第102号  ツバメの祝福
約半年にわたるマリヤ1号館の改修工事が終わり、工事関係者、入居者ともに、工事から解放された安ど感、喜びにあふれています。
その日、驚いたことに、建物の周囲の足場が外された時、新装なった1号館を祝福するかのように、たくさんのツバメが一斉に1号館の周りを飛び回りました。
ツバメ達にとっては、今年は1号館が巣作りに使えないので、どこかに巣を作り、もう雛もかえったようでした。来年は巣をどこに作ろうかと、自分たちの巣作りの場を競うように探し求めていたところに、思いがけずに、新しいきれいな建物が出現したので大喜びだったのでしょう。

例年1号館の入り口の看板頭上に巣が作られていましたが、今年は2号館の玄関の頭上にある看板の上に、遅ればせながら、あっという間に巣が作られ、また数日後には雛がかえりました。

 
数日後、キッチンで妻が「あれ!」という大きな声をあげました。 行ってみると、キッチンの窓の外枠にきちんと並んだ雛鳥が4羽、窓の外からこちらをのぞいているではありませんか。なんの警戒心もなく、私や妻がどんなに大きな声で話していても、逃げようとしません。 きっと小さな雛鳥たちは、初飛行であったと思われました。私達のキッチンの窓辺で一休みだったのでしょう。 やがて大空に一斉に飛んでいきました。  雛鳥たちの自立です。

 
マリヤ1号館は大きな活力に包まれ、新しい生活が始まりました。




スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2018 榛名無名雑感. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。