FC2ブログ
榛名無名雑感
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第68号  小さな死
DSC00430_convert_20141001195532.jpg
 小さく耐えて咲く花


  私は最近、ある作家の言葉に、深く心打たれました。
  例えば、こういう言葉です。


・・・日々の繰り返しを、繰り返しとは考えずに、毎日を 「仕始め」 として新鮮な気持ちで行い、もしかすると、これが最後になるかもしれないと、心して、 丁寧に行うのです

・・・人はいつか、皆、死にます。 公演を行うときなど、リハーサルをしておくと、本番であがったり、慌てないで済むように、死そのものを取り乱すことなく迎えるためにも、リハーサルをしておくことは、良いことなのです。  私はこのリハーサルを 「小さな死」 と名付けています


  救急車で運ばれていく方が、けっして珍しくない「命の家」に身を置いている私は、上のような言葉や、言葉そのものを実践している方々に出会うとき、 人生の中で初めて、生きることの真の意味、 真の強さ、 真に祈ることを教えられるような気持ちになるのです。

スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2018 榛名無名雑感. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。