FC2ブログ
榛名無名雑感
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第71号  不安は命の母
DSC00854_convert_20141127105424.jpg
私の住んでいるマリヤ館


 五木寛之の著書に『不安』という本があります。その中に次のような言葉があります。

   不安のない人生などというものはありません。人は一生、不安とともに生きて行くのです。
   不安を抱くことは、人間らしく生きている証拠です。

   明日のことはわからない。一寸先は闇。たしかにそのことは不安です。しかし、だからこそ、今、この一日を濃く生きな   ければと感じるのです。

   不安は電車を動かすモーターに流れる電力のようなものでしょう。…


 今、新生会に生きる私の周りの人たちは、私も含めて、「不安」を抱かないで生きている人はいないでしょう。 それも、人生の生と死の、根本的な不安を、どう安心に変えるかということなのですが…

見渡せば、お一人お一人、きっと不安を抱きながらも、なぜか皆明るく安心の中で生きておられる。…

…私が新生会に入居して、 非常に 「謎」 に思うことなのです。
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2018 榛名無名雑感. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。